本番強要するお客様

正直なところ、客商売をやっていると自分に気の合うお客様を探すほうが難しいような気がします。
要するに、居酒屋であろうがコンビニであろうがキャバクラであろうが風俗店であろうが、自分に合う接客しやすいお客様なんてほとんど来ないと思っておいたほうがストレスは少なく働くことができると感じます。
そういった勘違い客というものにはタイプで分かれることがほとんどになります。

その中に、風俗店であれば女性経験が少ないお客様というのも厄介なお客様の部類に入ってきます。
下手をすれば、風俗以外で女性と接したことのないお客様も困ったお客様になりがちだということです。
たとえば、女性に対して不器用なのはバレバレなのですがそれを隠そうとして虚勢をはったり、さらに女性の扱い方をよく知らないので触り方が強すぎたりして困らせられることがあるのです。

こういったお客様の対策として、女性経験が足りないと思ったらヨイショをしつつ、上手にプレイをリードしてあげるのが大事になってきます。
愛撫が強すぎると思ったら怒るのではなく、「そんなに強くない方だから優しくしてほしい」という感じでお願いしつつ、かかる力が弱くなったら喘ぎ声を大げさに出すという感じでお客様を教育すればいいのです。
それで勝手に相性が良いと思ってもらえれば次回からの本指名の確立はかなり上がってくるはずです。

最後に、一番厄介といっていいお客様の中に「本番強要」をしてくるお客様というのがいます。
デリヘルのようなヘルス系のお店では絶対にやってはいけない違法の本番行為ですが、それにも関わらず誘ってくるお客様というのは当然のようにいるのです。
これに関しては、ちょっとジョークっぽく誘ってくるときは空気を悪くしないで軽い感じでかわせればベストかもしれません。
他にも、「ナルシスト」なお客様が過剰に自分のテクニックに自信を持っていて、「挿れてほしいでしょう」というケースもあります。

ちなみに、多くのお店では「本番強要」行為への対応が必ずマニュアル化されています。
それでも本気でしつこく本番行為を誘ってくる人やルールを破る人というのは、その段階でお客様ではなくなると思っていいです。
そういったお客様に気を使って誠心誠意に接客をする必要はないということです。
上記のように自分自身で対処できないとなれば、すぐにお店のスタッフに伝えて出入り禁止にしてもらうことがベストになります。
もちろん、お店側もそういったお客様の来店というのは全然望んではいないのです。