お客様の問題

風俗店で働きだす初心者の女性には、必ずといって不安要素というものが存在してきます。
それは誰もが持っているものでありますので、その不安要素というもの自体を最初から把握しておけばそれなりに軽減して働けるのではないかと思われます。
その不安要素の中に、お客様の問題というものがどうしても出てきてしまいます。
そもそも、風俗に通っているお客様の中には、風俗嬢がちょっと眉をひそめるようないわゆる勘違い客といわれる人たちがいるのです。
たとえば、女性が対価のあるお仕事として頑張ってやっているのに、自分のことを惚れていると思っているお客様だったり、上から目線で説教をするようなお客様だったり、などなどが挙げられてきます。
とはいえ、そうしたお客様にストレスを感じてしまうだけでは女性側の一方的な損になりますので、こういったお客様に対しての対策をしっかりと持っていないことには高収入にはつながりにくいとも考えられます。
まず、なぜそういった勘違い客というものが存在してくるのでしょうか。
それを知っておくだけで十分な対策にもなるはずです。

昔は「疑似恋愛」の対象というとキャバクラなどの水商売の女性が多く、風俗店で働く女性には快感を求めるというスタイルが定番でした。
ですが、最近の風俗店は以前にも増して疑似恋愛的なコンセプトのお店が増えており、トレンドといって差し支えないのです。
そういう疑似恋愛プレイでかわいい女性に愛想よくされてばかりいると、次第に判断基準がくるってしまうというのは正直なところあるのです。
それにプラス、人間は仲が良い関係なら一緒に食事をしたり、裸の付き合いになります。

逆に、仲良くなりたいなら一緒に食事をしたりお風呂にいったりすればいいという発想になり、これは仕事で仲良くなりたい人を接待する理由でもあります。
要するに、女性と裸の付き合いをすると、勝手にこの女性は自分のことが好きだといった仲が良い間柄と誤解しやすくなりますので、つい普段は隠している地が出やすいという環境だということがいえるのです。
特に、こういった勘違い客に悩む女性というのはかなり多く、インターネットなどの掲示板などではこういった風俗嬢の愚痴がよく見受けられます。
ですが、この業界の仕事に限らず飲食でも接客などをしていれば、本当に理想的なお客様というのはほとんど皆無なのです。

みんな人間ですので何かしらの癖というのは当然のように持っているものです。
ですので、まともに相手にするのではなく、うまく逆手に取って相手を転がすぐらいの気持ちで接客をすればそれなりに楽な気持ちでお仕事に励めるのではないかと思われます。