本番強要するお客様

正直なところ、客商売をやっていると自分に気の合うお客様を探すほうが難しいような気がします。
要するに、居酒屋であろうがコンビニであろうがキャバクラであろうが風俗店であろうが、自分に合う接客しやすいお客様なんてほとんど来ないと思っておいたほうがストレスは少なく働くことができると感じます。
そういった勘違い客というものにはタイプで分かれることがほとんどになります。

その中に、風俗店であれば女性経験が少ないお客様というのも厄介なお客様の部類に入ってきます。
下手をすれば、風俗以外で女性と接したことのないお客様も困ったお客様になりがちだということです。
たとえば、女性に対して不器用なのはバレバレなのですがそれを隠そうとして虚勢をはったり、さらに女性の扱い方をよく知らないので触り方が強すぎたりして困らせられることがあるのです。

こういったお客様の対策として、女性経験が足りないと思ったらヨイショをしつつ、上手にプレイをリードしてあげるのが大事になってきます。
愛撫が強すぎると思ったら怒るのではなく、「そんなに強くない方だから優しくしてほしい」という感じでお願いしつつ、かかる力が弱くなったら喘ぎ声を大げさに出すという感じでお客様を教育すればいいのです。
それで勝手に相性が良いと思ってもらえれば次回からの本指名の確立はかなり上がってくるはずです。

最後に、一番厄介といっていいお客様の中に「本番強要」をしてくるお客様というのがいます。
デリヘルのようなヘルス系のお店では絶対にやってはいけない違法の本番行為ですが、それにも関わらず誘ってくるお客様というのは当然のようにいるのです。
これに関しては、ちょっとジョークっぽく誘ってくるときは空気を悪くしないで軽い感じでかわせればベストかもしれません。
他にも、「ナルシスト」なお客様が過剰に自分のテクニックに自信を持っていて、「挿れてほしいでしょう」というケースもあります。

ちなみに、多くのお店では「本番強要」行為への対応が必ずマニュアル化されています。
それでも本気でしつこく本番行為を誘ってくる人やルールを破る人というのは、その段階でお客様ではなくなると思っていいです。
そういったお客様に気を使って誠心誠意に接客をする必要はないということです。
上記のように自分自身で対処できないとなれば、すぐにお店のスタッフに伝えて出入り禁止にしてもらうことがベストになります。
もちろん、お店側もそういったお客様の来店というのは全然望んではいないのです。

勘違い客の対策方法

風俗嬢になって頭を悩まされる問題に、勘違い客の対応というものがあります。
全然嫌われてもいいのでしたら適当に接客をすればいいだけの話なのですが、万が一クレームになって他のお客様まで回してくれなくなると稼げなくなるし、インターネットの掲示板などで書かれてしまった日には指名すら取れなくなってしまいます。
だからといって、まともに接客をしていれば頭がおかしくなって長続きはできません。
こういった理由で頭が痛い思いをしている風俗嬢も少なくはないのです。
ですので、こういった勘違い客の対策方法というものを少なからず知っておくと、それなりに楽に働けるのではないかと思われます。

この勘違い客の中に「ナルシスト系」といわれているお客様が存在してきます。
たとえば、「俺のこと好きになっただろ」、「俺のテクニックってすごいだろ」、といったことを平気で口にするようなお客様のことをいいます。
こういったことを言われてむかつく気持ちもわかるのですが、ある意味こういうタイプは男性の扱いに慣れている女性にとって簡単なものでもあるのです。
そもそもナルシストなお客様の心理というのは、他人が納得もできない根拠のない自信を持っている傾向になります。
場合によっては、自分では自信を持っているにも関わらずあまり頷いてくれる人がいないので、風俗で会った女性などの客商売な人に同意やヨイショを求めているということです。
人間誰しも自分のことを認めてくれる人のことが大好きですから、上手にヨイショをしてあげればコロっと良いお客様になって本指名をしてくれる可能性が高いということなのです。

次に、「説教をしてくるお客様」というのも存在してきます。
これに関して結構多いパターンなのが、お客様として入ってきて接客しているのに「何でこの仕事しているの」と質問されたり、挙句には「こんな仕事しちゃいけないよ」と上から目線で説教をしてくるお客様というのは意外に多いのです。
正直なところ、こういう説教をする人は普段の生活の中で威厳を見せたり、人に意見を言って聞いてもらえる環境にない寂しいタイプといっていいでしょう。
ある意味可哀想なタイプなのは間違いないのです。
対策としては、説教や無神経な質問に対して解答するためにお客様用の嘘の解答や、それでも応援したくなるような解答を用意しておき、それで応対するというのが一番の方法になるのかもしれません。
仮に、それでお客様が応援すると言ってくれれば次回から本指名をしてくれる可能性は上がりますし、長時間コースにしてくれるとなれば稼ぎアップにつながってくるのです。

お客様の問題

風俗店で働きだす初心者の女性には、必ずといって不安要素というものが存在してきます。
それは誰もが持っているものでありますので、その不安要素というもの自体を最初から把握しておけばそれなりに軽減して働けるのではないかと思われます。
その不安要素の中に、お客様の問題というものがどうしても出てきてしまいます。
そもそも、風俗に通っているお客様の中には、風俗嬢がちょっと眉をひそめるようないわゆる勘違い客といわれる人たちがいるのです。
たとえば、女性が対価のあるお仕事として頑張ってやっているのに、自分のことを惚れていると思っているお客様だったり、上から目線で説教をするようなお客様だったり、などなどが挙げられてきます。
とはいえ、そうしたお客様にストレスを感じてしまうだけでは女性側の一方的な損になりますので、こういったお客様に対しての対策をしっかりと持っていないことには高収入にはつながりにくいとも考えられます。
まず、なぜそういった勘違い客というものが存在してくるのでしょうか。
それを知っておくだけで十分な対策にもなるはずです。

昔は「疑似恋愛」の対象というとキャバクラなどの水商売の女性が多く、風俗店で働く女性には快感を求めるというスタイルが定番でした。
ですが、最近の風俗店は以前にも増して疑似恋愛的なコンセプトのお店が増えており、トレンドといって差し支えないのです。
そういう疑似恋愛プレイでかわいい女性に愛想よくされてばかりいると、次第に判断基準がくるってしまうというのは正直なところあるのです。
それにプラス、人間は仲が良い関係なら一緒に食事をしたり、裸の付き合いになります。

逆に、仲良くなりたいなら一緒に食事をしたりお風呂にいったりすればいいという発想になり、これは仕事で仲良くなりたい人を接待する理由でもあります。
要するに、女性と裸の付き合いをすると、勝手にこの女性は自分のことが好きだといった仲が良い間柄と誤解しやすくなりますので、つい普段は隠している地が出やすいという環境だということがいえるのです。
特に、こういった勘違い客に悩む女性というのはかなり多く、インターネットなどの掲示板などではこういった風俗嬢の愚痴がよく見受けられます。
ですが、この業界の仕事に限らず飲食でも接客などをしていれば、本当に理想的なお客様というのはほとんど皆無なのです。

みんな人間ですので何かしらの癖というのは当然のように持っているものです。
ですので、まともに相手にするのではなく、うまく逆手に取って相手を転がすぐらいの気持ちで接客をすればそれなりに楽な気持ちでお仕事に励めるのではないかと思われます。

病気の問題

風俗店で働くということの最大のメリットに、高収入という部分が一番に挙げられてきます。
やはり、男性客に裸を見せなければならない、性的サービスを提供しなければならない、自分の仕事を周りの人に堂々と公表できない、などといった部分の対価として高収入が得られているのです。
その高収入を求めて風俗店で働きだす女性が多いとされています。
今では、風営法の改正に伴い店舗型の新規オープンができなくなったということもあり、大体の女性はデリヘル店で働きだすことになると思われます。
そもそも、生活費や一人暮らしのための引っ越し資金、学費、留学費用、借金返済など、訳あってお金をたくさん稼ぎたいけど普通のお仕事やアルバイトでは稼ぎきれない金額が必要となった女性が風俗店で働き始めます。
とはいえ、風俗店で働くということは誰でも最初は怖いですし、デリヘルとなればほとんどが初めて訪れる場所での接客となるので不安なことばかりのはずです。
そういった不安要素を挙げれば正直なところキリがないようにも思いますが、その中でも上位に入ってくる不安に「病気」の面が存在してきます。
特に、デリヘル未経験の女性は「デリヘル=病気」という思い込みが強い傾向にあるようにも感じます。
デリヘルを始めとする風俗業界は、やはりまだまだ一般の人からすると実態が見えにくい業界であるといえるでしょう。

たとえば、周囲に深い霧が一面に立ち込めている部屋のようなものであり、思い切って部屋に入ってみると意外にも霧はすぐに晴れてくるのですが、部屋に入るまでがなかなかどうしても難しかったりするものです。
このように、未知なる世界に飛び込むというのはどの業界でも必ず不安要素は存在してくるのです。
今現在、日本全国には風俗嬢と呼ばれる女性が約35万人~40万人ほど存在するといわれています。
はっきりとした数字ではありませんが、東京都内だけでも約10万人の風俗嬢が存在しているいわれているのです。

一言でいいますと、デリヘルで働いただけで病気になるとなれば、東京都内だけでも約10万人の女性が病気になっているという計算になります。
はっきり言って、デリヘルで働くことによりもれなく病気になるとしたら、女性は誰もデリヘルというお仕事はやらないはずです。
要するに、デリヘルは特殊な女性だけが働く世界ということではなく、ごく普通の女性が働いている世界だともいえるのです。
それと同時に、デリヘルという業種がここまで勢いよく人気になっているのは、女性が病気というものを最低限に抑えて稼げているからになります。
だからといって油断して働いていればいつかは病気になる可能性はあるのですが、本人がしっかりと病気の対策を行っていれば、最低限病気からは守ることができるお仕事でもあるのです。